つつじ

日記

前回に続き、今回も近隣の花だよりです。

満開になるには、もう少し掛かりそうですが、つつじが咲き始めました。

咲いていたのは、京都市の西の端っこにある洛西ニュータウン。

ここも仕事で得意先に向かう時によく通る所です。

洛西ニュータウンは、私が小学校に入学する頃ですから、45年ほど前でしょうか。それまでは、竹林と田畑しか無かった所に、広い道路がついて、団地の建設が始まりました。

そこから10年ほどで、ほぼ現在見られる街が出来上がったので、当時に植えられた街路樹も大きく育っています。

特に小畑川沿いの木々は立派に育ち、春は桜が咲き誇ります。

また、道路沿いにはイチョウが多く植えられていて、秋には色付いた葉が道に張り出してきます。

その間を走るのは、とても気持ちが良いもので、毎年楽しみにしています。

そして、そのイチョウ並木の足元には、つつじが植えられていて、五月を彩ってくれます。

このような道路沿いに咲くつつじは、他でもよく見られますが、洛西ニュータウンのつつじは、より綺麗に見えるんですよね~。

街並みであったり、樹齢であったり、樹の数であったり、剪定であったり、その理由は複合的だと思うのですが、とにかく目に留まるんですよ。

それと、街の中心部にある高低差を利用して、その斜面につつじを植えてある所があります。

写真はまだ咲き始めですが、満開になるとメッチャ綺麗です。

でも、子供の頃はつつじを見ても、特に綺麗だなんて思わなかったのに、オッサンになるとどうして綺麗に見えるようになるのでしょうか。

小学生の頃は、花の名前も知らず、ただ「甘い蜜が吸える花」という認識でしかありませんでした。

そんな認識から、好奇心と欲望だけが先行して、学校帰りに他人ん家の庭木のつつじを勝手に採っていました。

今更ですが、ごめんなさい。

しかし、怒られた事はなかったですねぇ。

私自身に罪悪感がなかった訳ではないですが、怒られた覚えはありません。

当時は、周りの大人も子供に対して大らかだったのでしょうか。

それから何十年を経て、花の美しさを感じられる心を得た反面、見た目には失っていく物が多い私ですが、暫くはつつじの季節を楽しませていただきます。

タイトルとURLをコピーしました