グーグルマップでナビる

スマホアプリ

グーグルマップでナビをすると、経由地を通過する度に案内が止まってしまい、『続行』というボタンをタップするためにバイクを止めなければならないので、その操作のいらないYahoo!カーナビを私はおすすめしておりますが、グーグルマップの方が使いやすいとおっしゃる方もおられますので、その方法をご案内いたします。
私がブログにアップしているグーグルマップを直接ナビに反映させることができませんので、グーグルナビへの変換の方法を説明いたします。

通常の施設名を検索して目的地や経由地にするよりも簡単です。
私が描いたルートの線に沿って、地図上にピンを置いていく方法です。一度お試しください。

ナビを始める

先ずは、私のツーリングナビ作成支援ブログの本文中のリンクから、グーグルマップに飛んでいただきます。
その際、グーグルマップアプリにログインしていないと、地図が表示されなかったり、ナビの画面に移行しない場合がありますのでログインしてから始めてください。

※また、ブラウザでしか地図が開けない場合は、以下の方法ではなく、アプリをタスクで切り替えながら、経由地ポイントを見つけて設定されるのも良いと思います。

最初に表示される画面がこれです。

下の『地図の凡例を表示』をタップすると、画面が切り替わり、経由地の詳細がわかります。

左上の矢印をタップすると、地図画面に戻ります。

ナビ設定画面へ

戻ると、このような画面になりますので、『経路』ボタンをタップします。

目的地の設定

画面が切り替わりますので、『車のマーク』をタップして、『目的地の入力』の枠内をタップします。

また画面が切り替わりますので、『地図上で選択する』をタップします。

画面が切り替わります。

画面の指示に従って、スワイプとピンチアウトを繰り返して、ピンの移動と地図の拡大をし、A地点にピンをあわせて、『OK』をタップします。

ピンの位置が確定しました。

経由地の追加

続いて、3点メニューボタンをタップします。

別ウインドウが開きますので、『経由地を追加』をタップします。

下の画面に切り替わりますので、前と同じ操作を繰り返します。

B地点にピンを合わせて、『OK』をタップします。

経由地の挿入

画面が切り替わりますが、私が作った地図の線と、ナビが案内しようとしている線にズレが生じていました。

これを合わせるために、A地点とB地点の間に、もう一つ経由地を挿入します。

©をロングタップしたままⒶとⒷの間までスワイプします。

『経由地を追加』をタップし、先ほどと同じ手順でピンを矢印の辺りに合わせて確定します。

このように、元々Ⓑだった地点が©に変わり、ピンを挿入した地点がⒷになりました。

ルートの完成と保存

同じように、順に経由地を追加しながら、元の地図の線に合うように設定していき、最後に『完了』をタップします。
※出発地と目的地以外に設定できる経由地は8ヶ所までですので、それ以上に設定が必要な場合は、ルートを分けて作成してください。

ルートが完成しました。
3点メニューから、経路をホーム画面に追加して保存しておく事が出来ます。

ナビ開始

後は、『開始』をタップすればナビがスタートします。

最初にも書きましたが、経由地を通過する度に『続行』ボタンをタップする必要がありますので、安全な場所で停車して操作してください。

最後に

アプリを終了しても再度立ち上げると、前に使用した地図が表示されてしまう場合があります。
その解除方法です。
横三本線のメニューボタンをタップして、アクティブになっている地図の名称をタップして解除すれば、消すことができます。

タイトルとURLをコピーしました